加齢臭予防のコンテンツ一覧

加齢臭対策はこまめにしましょう!

小まめに行う加齢臭対策について見ていきます。加齢臭とは、老人臭と言われていた臭いの元となるノネナールと言う物質を発見した資生堂が、命名したものです。加齢臭をさせる人の多くは口臭もきつく、周りの人に迷惑と成りますが、意外と本人は気付か無いものです。朝の通勤の満員電車で、近くに加齢臭をさせるおじさんがいると、辟易させられる経験をおもちの方も多いとおもわれます。ノネナールは、汗腺からも分泌される皮脂にふくまれる脂肪酸が酸化される事によってつくられるもので、寝ている間でも、皮脂や汗は分泌されますから、朝でも加齢臭は発生します。加齢臭もさる事ながら、脂っこい頭皮に、チックや油性の整髪料などを塗ってしまっては、加齢臭に加えて整髪料の臭いまで混じって、一層変な臭いがします。その上にタバコを吸っていれば、タバコの臭いも加わって、更にひどくなります。日本人はもともと、欧米人などとくらべて、体臭が薄い方でしたが、肉食中心の食生活を送るうちに、欧米人と同じように体臭が臭く成る人も増えています。体臭に悩む人は、男性だけでなく女性にも多く、やはり食生活に起因していると想像されます。加齢臭ももともとは食生活が原因とされますが、食生活とともに老化が原因です。二つの原因で加齢臭が起こってくるのですが、加齢臭を止める特効薬は有りません。少なくとも他人の迷惑をかけ無いために、普段から入浴や洗髪をおこ無い、気をつける必要が有りますが、加齢臭が出てきた場合は、夜に入浴するだけでは十分とはいえません。夜に入浴する事は、一日の汚れを取ると言う意味では不可欠ですが、睡眠中も汗をかき、皮脂も分泌されますから、時間がたてば加齢臭が臭ってきます。出来る事なら、出かける前に、シャワーなどで睡眠中に溜まった皮脂を洗い流すくらいの気遣いは必要です。特に夏場の暑い日には、入浴一回だけでは加齢臭を防ぐ事は出来ません。最近では、消臭グッズも数多く出されていますが、入浴直後でなければ効果は薄いと言えます。また外出中に野外で汗をかいた場合は、ただ汗を拭うより、ミューバンなどを含んだシートで拭けば、汗や皮脂を取り除くだけでなく、上皮を弱酸性にして、加齢臭をおさえる事が出来ます。加齢臭は身体だけではなく、服にも移りますから、布用の消臭スプレーなどを利用して、こまめに脱臭する必要が有りますが、同じ服をつづけて着無いよう気をつける必要も有…

活性酸素を抑制する栄養素で加齢臭予防

加齢臭予防になる活性酸素を抑制する栄養素について見ていきます。加齢臭とは、加齢に伴って異臭を発するもので、病気では有りません。2000年に資生堂の研究所が、皮脂にふくまれる脂肪酸が酸化されて出来るノネナールと言う物質を、加齢臭の原因と究明しました。加齢臭がするからと言って、健康を害するものではなく、昔から老人臭と言われていた様に、老化現象の一種ですから、誰にでも起こる事です。ただ周りの人が、匂いに敏感であれば、何かと疎んぜられる原因に成りますから、加齢臭が無いに越した事は有りません。他人に対するエチケットとして加齢臭の対策をかんがえるのであれば、人前にでる場合は、成るだけ直前に、入浴やシャワーで、ノネナールを洗い流す事を心掛けるべきです。入浴の習慣は、帰宅して夜にする場合が多いですが、睡眠中にも人はかなりの量の汗をかきますから、睡眠中にノネナールを作っているようなものです。加齢臭がきつい人は、朝外出する前に入浴して、加齢臭の出るのを遅らせるようにする事をお勧めします。入浴が無理ならせめて、シャワーぐらいは浴びておいた方が、無難と言えるでしょう。外出時にはミョウバンシートやスプレーを用意しておいて、汗をかいたら其れらを使うようにすれば、皮膚を殺菌すると一緒に、弱酸性に保つ事ができ、ノネナールの生成を防止する事が出来ます。加齢臭を完全に止める事は出来ませんが、食生活を改善する事で、かなりの効果が期待できます。皮脂に脂肪酸がふくまれるのは、40才頃からで、其れまでは全く脂肪酸がふくまれ無いと言われています。本来皮脂として酸化され無い状態で分泌されるものに、脂肪酸がふくまれていく原因は、活性酸素だとされています。食事に活性酸素を抑制する栄養素を取り入れれば、加齢臭も体のうちから改善する事が出来ます。活性酸素は体内では、殺菌作用を行うもので、使われ無い活性酸素は、本来体内で中和され、害を及ぼすものではにのですが、其れを中和するSDO酵素と言われるものが、加齢と一緒に減り、活性酸素が体内に残って、細胞や体内物質を酸化させます。したがってSDO酵素に替わる抗酸化作用の有る食物をとるのが、加齢臭対策には有効とされています。抗酸化作用の有る食物はビタミンC・E、ベータカロチン、ルテイン、最近話題のアスタキサンチンなどが多く含まれた食品です。ビタミンC・Eは野菜や果物に、ルテイン、ベ…

資生堂の加齢臭予防のボディケア製品

資生堂の加齢臭予防のボディケア製品について見ていきます。加齢臭については、資生堂の研究所がその原因を解明した事から、加齢臭予防のための石鹸やボディシャンプーが各社から販売されています。加齢臭はそもそも皮脂に含まれる脂肪酸が酸化される事によって、ノネナールと言われる物質が原因ですが、脂肪酸自体若いうちは皮脂に含まれ無いもので、40歳を境にして、多く成る傾向に有ります。脂肪酸が出来る背景には、人体の老化に伴う抗酸化機能の低下が上げられますが、病気と言うより、老化現象と言えますが、個人差があります。その個人差を生む原因は、生活習慣に有るとされ、生活習慣病や成人病と共とおした原因とかんがえられます。資生堂は加齢臭の原因を解明し、加齢臭と名付けた本家本元ですから、加齢臭予防のボディケア製品は、他社よりも充実しています。資生堂ビューテックグループのビューティーテクノロジー社が販売しているジョイフルガーデンシリーズは、加齢臭に特化したブランドで、ヘアシャンプー・ヘアリンス・ボディソープが基本の製品ですが、他にも石けんやリフレッシングシートや布用の消臭スプレーなども販売しています。其れらの効能は、ノネナールの生成を抑制する抗酸化剤や抗菌薬剤がセンターに配合されており、他のシャンプーや石鹸よりよりも効果は持続しますが、皮脂などの表面的な対策ですから、根治療法とは言えません。加齢臭予防でよく宣伝されている、柿エキスを含んだ石鹸は、柿のタンニンの殺菌作用を利用したもので、植物由来の成分を多く含んだ製品と言えます。ミューバンの弱酸性作用を利用した石鹸やスプレーも販売されていますが、脂肪酸の酸化を防ごうとするもので、汗をかく前などに使うと効果が有りますが、薬局でミューバンを買ってきて水で薄めれば、即席の加齢臭の予防水が出来てしまいます。加齢臭の予防には、ボディーシャンプーや、皮脂の多い頭部のヘアーシャンプーは不可欠ですが、長く加齢臭をおさえるならば、上皮を弱酸性にするリンスや、ミューバンなどの成分のスプレーが有効です。これらは、ノネナールが出気安くなった人のための応急処置ですが、原因から解決するためには、生活習慣を正さ無い限りは、改善は見込めません。だけど、生活改善をしても、老化としての加齢臭の症状が改善するだけであって、年をとると一緒に加齢臭が強く成るのは不可避な事です。加齢臭だからと、…

普段からの加齢臭予防

普段からの加齢臭予防について見ていきます。加齢臭とは、皮脂にふくまれる脂肪酸が酸化される事で出来るノネナールと言う物質が発する臭い事をいいますが、若いうちには皮脂に脂肪酸は全く見られず、40歳ごろから目立って増加していきます。丁度成人病や習慣病の羅病率が高く成る時期と、機を一にするため、活性酸素などによる老化現象と考えられています。ノネナールの発見は、2000年に資生堂の研究所が行ったもので、資生堂でもジョイフルガーデンシリーズと言う加齢臭専門のボディケアシリーズを販売しています。ジョイフルガーデンシリーズのラインナップは、ヘアシャンプー・ヘアリンス・ボディソープ、石けんやリフレッシングシートや布用の消臭スプレーなどが有るだけのシンプルなものです。加齢臭は体全体から発せられますが、汗のかきやすいところが一番臭います。発汗の激しい体の部位は、頭部や脇の下、背中や首周り、そして足などが上げられます。髪の毛で隠されてあまり目たちませんが、頭部の発汗は、新陳代謝の激しい脳の傍に有るだけ、最も激しく、分泌物も皮脂やフケ、有るいは髪の毛についたごみやチリなど、発汗しやすく最も汚れやすい場所と言えます。したがって、ノネナールをおさえるためには、毎日洗髪をしなければ成りませんが、あまり洗髪をしすぎても、上皮の保湿性を損ねて、却ってフケなどを増やしてしまいます。シャンプーを行った場合は、上皮の保湿性を保つためにリンスをおこなう方が良いでしょう。脇の下は、加齢臭とは別に、腋臭などの異臭がしますが、腋臭の原因は汗腺の一種で有るアポクリン腺 から分泌される汗と常在菌といわれる細菌が原因とされていますが、腋臭の臭いに、加齢臭の臭いが加わって、強烈な臭いに成る場合が有ります。腋臭と加齢臭は、入浴時に薬用石鹸でよく洗浄し、デオドラントスプレーやミューバンスプレーを施し、弱酸制の状態に保つ事が有効な対策です。首周りなどもよく汗をかきますが、耳の臭いなども加齢臭に伴ってする場合が有ります。入浴時の洗浄もたいせつですが、普段から耳掃除を欠かさ無いようにして、清潔に保つ事がたいせつです。加齢臭で意外と臭うのが足の部分で、普段から靴の生活をしていると、足が蒸されると水虫などの菌に犯され、指の間などに溜まった垢や、角質化した踵などは、不衛生になりやすく、加齢臭をきつくする環境になってしまいます。入浴の際は…

活性酸素で加齢臭

加齢臭と活性酸素について見ていきます。加齢臭は、皮脂にふくまれる酸化脂肪酸は更に酸化されてノネナールと言われる物質が生み出だされ、これが加齢臭のもとに成るわけです。ノネナールの生成の仕組みは2000年に資生堂の研究室によって解明されましたが、皮脂にふくまれる酸化脂肪酸については、40歳代から見られ始め、其れかつての世代の人の皮脂にはふくまれておらず、なぜふくまれるように成るかは、未だにはっきりとした事は分かっていません。アクネ菌が皮脂の脂肪酸と反応して酸化脂肪酸になり、にきびの原因となる事は広くしれていますが、皮脂自体に酸化脂肪がふくまれるには、体内で脂肪酸が活性酸素と反応してできた酸化脂肪酸が、皮脂と一緒に分泌されるとかんがえられますが、加齢に伴う免疫力の低下や抗酸化機能の低下が遠因と言えるでしょう。皮脂の脂肪酸が酸化される事は、自然現象なので、入浴などで脂肪酸を洗い落とすしか方法は有りませんが、体内で作られる脂肪酸を抑制させるためには、アンチエイジングの治療が欠かせません。アンチエイジング治療と言っても、美容医学などで言われているしわや肌治療の事を言うのではなく、体内の活性酸素の低減を目的とした老化防止治療です。活性酸素自体は抗菌作用があり、体内でたいせつな役割を果たす一方で、多すぎると正常な細胞を傷つけたり、DNAなどを壊して、がん化をさせる因子と成ります。そもそも必要の無い活性酸素は、体内でSDO酵素と言われる酵素で中和され体外に排出されますが、加齢に従ってSDO酵素が減るために、活性酸素の量が増えて、細胞が壊され、免疫異常や機能不全を引き起こします。従って、SDO酵素を補う栄養素を摂取する事で、老化が防止されますが、その結果、皮脂にふくまれる脂肪酸の値も減る事になります。一般的に抗酸化作用の有る栄養素は、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチン、ルテイン、アスタキサンチンなどが挙げられますが、大豆や米胚芽に多くふくまれているGMTと言われる物質は、SDO酵素と分子構造が似ているため、SDO酵素の代参物質として、抗酸化作用が高いとされています。このような抗酸化作用の高い栄養素を多く含んだ食品を摂取する事がたいせつですが、同時に脂肪分や糖分を多く含んだ食事を控えて、ノネナールの生成の材料に成る栄養素を取り込ま無いようにする事も、老化現象防止には、たいせつと成り…

加齢臭を防止する第一歩は食事から

加齢臭を防止する食事について見ていきます。加齢臭は、人間が年を取ると一緒に、発してくる臭いの事をいいます。加齢臭の原因は加齢ですが、加齢によってノネナールと言う物質が、男性女性の区別なく、発生する事が資生堂によって解明されました。ノネナールは皮脂の中の脂肪酸が酸化分解されるために発生する物質で、女性よりも男性により多く発生するとされています。男性の方がノネナールを多く発生するのには、男性の服装や、喫煙や飲酒と一緒に、食事生活が問題とされています。女性自体は、女性ホルモンのおかげで、男性よりノネナールの発生が少無いとされていますが、不規則な生活習慣や脂っこい食事をとっていれば、男性同様、加齢臭が強くなっていきます。男性は同じ服装をつづける事が多く、喫煙などによりタバコ臭も加わり一層加齢臭を強くする傾向に有りますが、食生活も脂肪分を多く取る食事をつづけていれば、皮脂が多くなりノネナールがつくられやすくなります。不思議な事に若年層の皮脂には、脂肪酸がほとんど見られず40歳以降に急に増え始める傾向に有ります。したがって加齢に伴い活性酸素が、人体に影響して、免疫力や抗体機能を低下させ、本来皮脂にふくまれ無い脂肪酸が発生するとかんがえられています。加齢臭対策には、まず入浴をし、発生する脂肪酸を出来るだけ洗浄する事が第一です。服などにも加齢臭は移りますから、毎日ちがう服を着て、着た服は成るだけ脱臭剤などで、加齢臭を除去します。加齢臭の原因で有る皮脂の脂肪酸の出来るメカニズムは、はっきりとは解明されていませんが、少なくとも脂肪分の多い食事を控える事が、加齢臭を防止する第一歩とかんがえてください。料理に使う食材にも気をつけて、農薬や化学肥料が使われている農産物は、環境ホルモンなどの影響が懸念されますから極力避けて、無農薬有機農法の農産物を使うのが望ましいとされています。喫煙や飲酒、不規則な生活、何よりストレスが免疫力を減退させると言われ、このような生活習慣を改める事から、加齢臭は根本的に改善されます。加齢臭専用のボディーシャンプーや石鹸が販売されていますが、あくまで対蹠的な効果しかなく、生活習慣病や成人病と同じく、生活習慣の改善以外では、加齢臭の解消を期待する事は出来ませんが、抗酸化作用の有るポリフェノールや、ビタミンC、ビタミンEなどのサプリメントを服用しする事は、効率的な栄養補…

サプリメントで加齢臭予防

サプリメントで加齢臭予防について見ていきます。加齢臭は、年齢を重ねるごとに皮脂にふくまれる脂肪酸が増える事で起きる老化現象と言えます。20歳代では皮脂にほとんどふくまれなかった脂肪酸が、40歳を過ぎたあたりから急激に増えはじめ、脂肪酸が酸化する事で出来るノネナールと言う物質が、加齢臭のにおいの元です。ノネナールは2000年に資生堂の研究所が発見したものですが、その資生堂でさえ、加齢臭を予防する石鹸やボディシャンプーは販売していても、完全に抑制する事は出来無いでいます。人体の抗酸化機能が低下する事が、加齢臭の根本で有るため、年齢が上がっていけば不可避な老化現象として、仕方が無い事だからでしょう。一方でアンチエイジングの対策として、抗酸化作用が有る栄養素の研究も盛んになっています。むしろ加齢臭のみの予防や、対策をかんがえるよりは、抗酸化作用の有る栄養素を摂取するアンチエイジング対策をかんがえた方が、より効果的と言えるかもしれません。抗酸化作用の高い食品を食事に取り入れればよいのですが、実際生抗酸化作用の効果が有るとされる、ビタミンCやEを、野菜や果物だけで必要量を摂取する事は難しいと言えます。日本のような先進国では、肉類中心の食生活になっており、効率的にそのような栄養素を摂取するためには、サプリメントに頼らざるを得ません。加齢臭に利くと言われるサプリメントの成分を見ると、ほとんどがアスタキサンチンやベータカロチンなどのアンチエイジングのサプリメントと共とおした、抗酸化作用の高い成分が中央に構成されています。そもそも活性酸素が、体内の細胞を破壊する事が原因で、体内の酸化作用が発生するのですが、活性酸素は免疫機能を本来担うもので、余分な活性酸素は体内でSDO酵素と言われるもので中和され、無害かされるものが、年齢と伴にSDO酵素が減り中和されずに、細胞や遺伝子を傷つけて、疾病を起こさせる、一種の免疫異常といえる状態です。一般的にはビタミンE、ビタミンC、ベータカロチン、ルテインなどが抗酸化作用が有るとされますが、アスタキサンチンは其れらの上を行く抗酸化作用を有している事で注目されています。最近では大豆や米胚芽に多くふくまれておるGMTと言われる物質で、SDO酵素と同じような分子構造をもった物質が注目されています。GMTは直接活性酸素を中和させる効果が有ります。これらをの栄養…

加齢臭の抑制

加齢臭の抑制について見ていきます。加齢臭の原因は、ノネナールと言う物質です。このノネナールは、男女一緒に性差なく40歳代以降に増加が認められる物質です。ノネナールの抑制には、ノネナールの基質と成る脂肪酸で有る9-ヘキサデセン酸の分解をおさえる抗酸化剤と抗菌剤が有効です。加齢臭を抑制する方法として今回は皮膚の抗菌に注目してみましょう。汗をかいたら其れを放っておかずに、こまめに殺菌成分配合のウェットティッシュなどで拭き取り、肌を清潔に保つ事がたいせつです。とはいえ、汗をかくたびにふきとっていたのでは、正直手間がかかって仕方有りません。そこで、肌自体を常に弱酸性の状態に保つようにし、雑菌が繁殖しにくい皮膚に改善していく事が加齢臭抑制の大きなポイントです。では、肌を弱酸性に保つにはどうしたらよいのでしょう。有効なのは、実はクエン酸です。クエン酸と言うのは、梅干などにふくまれる物質で、梅干のすっぱさのもとに成るものです。このクエン酸をお風呂に少しいれてゆっくりと湯船につかってみましょう。クエン酸をいれたお湯は酸性なので、これにつかる事で肌を酸性の状態にする事が出来ます。クエン酸は薬局などで手に入りますが、もし手もとに無いのであればお酢でもかまいません。お酢に多くふくまれる「酢酸」は非常に酸度が強いためにお猪口2〜3杯の少しのお酢でも効果的です。だけど、体臭予防法としての「お酢風呂」は、皮膚を弱酸性に保つだけでは無いのです。実は、お酢の風呂につかる事で、入浴時に皮膚の汗腺からクエン酸などの多様なアミノ酸を吸収させる目的も有るのです。長期的にみれば、むしろこの効果の方が体臭予防としてはたいせつかもしれません。何故なら、加齢臭は皮膚表面で細菌によってつくられるだけでなく、汗腺から汗の中に排出されるニオイでも有るからです。加齢臭などの体臭は体の中に出来る乳酸と言う物質につられて汗の中にでてきます。この乳酸は、皮膚の抹消循環が悪くなり汗腺に十分な酸素が吸収され無いとたくさんでてきてしまうシロモノなのです。でも、たとえ酸素が汗腺に供給されなくてもクエン酸があれば大丈夫。クエン酸は、体内でクエン酸サイクルと言う完全燃焼ができる方法でエネルギーを得る事ができるので、乳酸が体内にたまら無いのです。勿論食事として口からクエン酸を摂取する事は必要ですが、消化管からの栄養分の吸収は多大なエナルギーを必…

加齢臭を予防しよう

加齢臭を予防しようについて見ていきます。加齢臭の予防には、加齢臭の原因と成るノネナールの発生を抑制する事がたいせつです。ノネナールは、皮脂線から分泌された脂肪分が酸化する事により発生します。ですから、加齢臭の予防には分泌された脂肪分をこまめに取り除く事、そして皮膚に残った脂肪分が酸化する事を防ぐ事が効果的です。女性が男性に比べて加齢臭が目たちにくいのは、常にみだしなみに気を使う傾向があり皮膚を清潔にしているからだとかんがえられます。とすれば、男性でも皮膚を清潔に保ち身だしなみに気を使うようにすれば加齢臭はかなりの程度、抑制する事が可能だといえるでしょう。特に、夏は汗をかきやすく体から大量の脂肪分が分泌される時期。皮膚を清潔にする事で、汗の臭いだけでなく加齢臭も同時にシャットアウトしてしまいましょう。まず、最もお手軽な方法は消臭効果の有るグッズを買う事でしょう。最近では、加齢臭などの臭い対策にいろいろなタオルが販売されています。中には高級な和紙でつくられたタオルもあり、においだけでなく和紙の繊維で古い角質を取り除く効果が期待出来る商品も有ります。普段もち有るくハンカチに代えてこうした殺菌効果の有るタオルを使用する事で加齢臭をおさえる事が出来ます。タオルはかさばるのでかばんに入れて携帯するには抵抗が有ると言う方は、ウェットティッシュが手軽で便利です。最近のウェットティッシュは、ただの水分ではなく汗や余分な皮脂を取り除く除菌効果を備えたものが多数販売されています。大きさも手のひらサイズで1枚1枚とりだしてコンパクトに使う事が出来るので、もち運びにも便利です。また、メントールやミントなど爽やかな香りがついているものもあり、汗をかいた皮膚に清涼感をもたらしてくれます。難点が有るとすれば、価格でしょうか。1パック20枚程度で200円前後ですので、よく使う方には少し値が張るかもしれません。より安価なものをもとめるならアルコールもオススメです。薬局などにいけばアルコールは簡単に手に入ります。もちろん飲料用ではなく掃除用に使うアルコールです。これを小瓶などに少しいれてもっておき、汗をかいたときなどにハンカチやタオルに2〜3滴たらして使えば殺菌効果も有りますし、あぶらのベタベタ感も取り除く事が出来ます。女性であれば、マニキュアを取り除く除光液としても使えるほど、アルコールのもつ油分を…

ビタミンCとEで加齢臭対策

ビタミンCとEで加齢臭対策について見ていきます。加齢臭の原因は肌に残った余分な脂分が酸化する事で発生するノネナールです。そこで、今回は脂分の酸化を防ぐためにどうしたらよいかをかんがえてみましょう。それには生活習慣を変える事が一番です。特に、抗酸化作用の高い食べ物を多くとるように心がけると油分の酸化を防ぐ効果が高まります。抗酸化作用の高い栄養素にはビタミンCとビタミンEが有ります。これらのビタミンを多くふくむ食品を積極的にとるようにすれば有効な加齢臭対策に成るでしょう。まず、ビタミンCを多くふくむ食品をご紹介しましょう。ビタミンCの効用としては美肌効果が有名です。これは、ビタミンCのもつ活性酸素を消去して、酸化されたビタミンEを再生させるはたらきが有る事に由来するものです。抗酸化作用の有る食品の代表的なものが緑黄色野菜や果物などです。どれも健康維持に欠かせ無い食品です。緑黄色野菜の中でもパセリ、ブロッコリー、ピーマン 小松菜、ほうれん草、モロヘイヤなどはビタミンCが豊富にふくまれています。これらの緑黄色野菜を塩ゆでにして食べればヘルシーでダイエットにもなり一石二鳥といえます。ビタミンCを多くふくむ果物としては、レモン、いちご、キウイフルーツ、柿、ネーブルオレンジ、グレープフルーツ、夏みかんなどがあげられます。これらの果物は、ヨーグルトなどと一緒にとると腸がきれいに成るためより美肌効果が高まるとかんがえられます。その他にも、芋類や豆類にも数多くのビタミンCがふくまれています。飲み物でいえば緑茶にもビタミンCがふくまれますので、積極的に取り入れるようにしたいところです。これらの食品にふくまれるビタミンCに加え、ビタミンEをとる事でより体内の抗酸化力は高まります。強い抗酸化力をもつビタミンEは、細胞膜を形成するリン脂質の酸化を防止しています。従ってビタミンEが欠乏すると、臓器中の過酸化脂質の量が増加し、細胞膜が損傷を受けてしまいます。逆にビタミンEを豊富にとると細胞膜の酸化は抑制され、いつまでもハリの有る若々しい状態にする事が出来ます。ビタミンEを多くふくむ緑黄色野菜にはモロヘイヤ、カボチャ、ほうれん草、さつまいもなどが有ります。更に、果物ではアボガド、キウイフルーツ、ブルーベリー、プルーンなどがビタミンEの豊富なものとして有名です。また、ウナギ(蒲焼き)、イ カ、ブ リ、…

加齢臭に有効な石鹸

加齢臭に有効な石鹸について見ていきます。今回は加齢臭対策に有効なせっけんのご紹介です。柿渋石鹸と言うのを御存知でしょうか。今、加齢臭予防や加齢臭の抑制に効果が有ると言う事で大変話題をよんでいるせっけんです。柿には、ニオイをおさえる消臭効果と雑菌を殺す強い殺菌力が有ります。これを加齢臭対策に使わ無い手はありません。柿にニオイをおさえる効果が有ると言うのは以外かもしれませんが、日本に古くから有る「柿の葉ずし」などはまさに柿のこうした作用を利用したものです。柿のもつ消臭効果と殺菌力のもとは柿しぶにふくまれるタンニンとよばれる物質です。柿渋は古来から民間薬として使用され、食品・医薬品・日用雑貨の原材料としても長い歴史を持っています。皮膚を保護し、しゅうれん作用と細菌の増殖を抑えるカキタンニンが使われている石鹸は、柿渋のしぶみが加齢匂の元と成る臭いを柿の渋みであるカキタンニンがニオイの元をケアしてくれます。柿しぶには主成分で有る柿タンニン(ポリフェノール系化合物)の微生物抑制効果がすごいらしく、緑茶タンニンにくらべ、なんと70倍高いと言う研究結果が得られているやうです。大きな構造式をもつ縮合型タンニンが、数多くのフェノール性水酸基(-OH基)と各種悪臭成分と化学的に結合し、補修する事で柿渋は抜群の消臭力を発揮するといわれています。こうした抗菌防臭効果のほかにも柿渋には特性が有ります。其れは、肌にやさしく安全だと言う事。天然植物系なので赤ちゃんのデリケートな肌にも安心して使う事が出来ます。また、柿しぶのもつ天然の自然な消臭効果は精神を安定させ、心身をリラックスさせるなどの効果もあるのです。加齢臭などの体臭に悩んでおられる方には、この心身のリラックス効果はすさまじくたいせつなものです。体臭を気にするあまり外出ができなくなったり、ひどいときには自分のニオイが周りに迷惑をかけてしまっていると言う強い意識から自己臭恐怖にまですすんでしまう事も有ります。こうしたストレスも加齢臭などのニオイのもとに成るのです。加齢臭の原因はノネナールという成分が体内から染み出してくる事によるものですから、石鹸だけを変えてもたちまち効果が出るものでもなければ、根本的原因を取り除いた事にもなら無いという事をおっしゃる方もいます。だけど、柿しぶせっけんでリラックス出来るのであれば、ストレスを緩和する事ができニオイの…

加齢臭の治療

加齢臭の治療について見ていきます。人間の鼻はたいてい自分の臭いには鈍感です。自分の体から臭いがでていても、鼻はすぐに慣れてしまってその臭いを感知する事ができなくなってしまうのです。加齢臭も同じです。自分の皮膚からくさい臭いがしても、其れを自分で気づく事が出来る人は多くは有りません。とはいえ、臭いを指摘してくれる人はナカナカい無いものです。もだけどたら、自分はにおうかもしれ無いと思ったら、早いうちに対策をしましょう。加齢臭は、わき臭などの他の体臭と同じように治療する事ができます。あまりにひどい場合は、手術をする事で取り除く事が出来るのです。一人で悩んでいても解決する事は有りません。専門医に相談すれば、解決の糸口は必ず見えてくるものです。治療の際には、信頼出来る医師を見つけてよく相談する事が必要です。専門家の目からみれば、もだけどたら手術をしなくても直す事が出来るかもしれ無いからです。まずは、医師とのカウンセリングからはじめてみましょう。カウンセリングをしてみて、実は自分の加齢臭はたいしたものではなかったと言う場合も多いのです。何故なら、加齢臭に悩んで病院を訪れる人の多くが、自分の臭いに敏感になりすぎているからです。中には自分が他人に迷惑をかけている加害者で有るとの意識を強く持ってしまい、人間関係を避ける人も少なく無いと言います。客観的には其れほど気にすることは無いものなのに、また手術や適切なケアにより治せるものなのに、自分でその機会を奪ってしまうのはあまりにもったい無いことだとおもいませんか?加齢臭などの体臭治療を専門にしている病院も数は少無いもののいくつか存在します。こうした病院では、体臭に悩む患者さんの苦しみや気もちを十分に理解しています。そのため、物理的な治療だけでなく、体臭恐怖に悩む患者さんには心のケアも同時に行っているところも有ります。安心して相談に行ってみてください。また、病院には同じような悩みをかかえる患者さんもたくさん来院していますので、自分だけが特別では無いとちゃんと認識する事も出来るでしょう。加齢臭がでる年齢だから仕方が無い…と諦めてしまう前に自分が出来るだけの対策をかんがえてみる事が改善の第一歩です。結果には必ず原因があります。その原因をきちんと掌握したうえで、適切な対処をすれば結果は必ず変える事が出来ます。臭いと言う目に見え無いあいまいなもの…

加齢臭の飲み薬

加齢臭の飲み薬について見ていきます。加齢臭対策。次は薬についてご紹介しましょう。これはと有る友人の体験談ですが、加齢臭の抑制に有る薬が効くらしいのです。其れは、熊笹のエキス。笹ヘルスともいいます。加齢臭は気に成るけど薬を飲むと成ると少し抵抗の有る方もいらっしゃるかもしれません。でも、この笹ヘルスは漢方薬で、赤ちゃんにも飲ませられる安全なものです。漢方薬と言うと苦いと言うイメージがつきものですが、この笹ヘルスは牛乳とまぜるとメロン牛乳のような味になり、すさまじく飲みやすいのです。赤ちゃんもよろこんで飲んでくれるものです。また、この熊笹のエキスは口内炎や疲労回復などにも効果が有るすぐれもの。風邪などで体調が悪いときでも、これを飲めばかなり体が楽になります。更に、肌荒れがよくなったり、便秘が治ったりと副次的な効果も期待出来ます。ただ、なにぶん漢方薬のためその効果は穏やかなものです。少なくとも1ヶ月は継続して飲ま無いと効果は実感でき無いかもしれません。「そんなに待て無い!」「今すぐにこのニオイをどうにかしたい!」と切羽詰っている方にはにんじんジュースがオススメです。拍子抜けですか?でも、にんじんジュースの効果をなめてはいけません。実はにんじんには加齢臭対策に成るものすごい効果が隠されているのです。にんじんにはビタミンEが豊富にふくまれています。このビタミンEは、抗酸化作用が高く体内の細胞が活性酸素によって破壊される事をふせぎ、細胞の再生に役たつのです。加齢臭の原因は皮膚の余分な脂が酸化する事によるのですから、抗酸化作用の高いにんじんは加齢臭を予防するまたと無い薬なのです。更に、にんじんには水溶性の食物繊維がたっぷりとふくまれています。ためしににんじん1本をジュースにして飲んでみてください。これを4日もつづければ、お通じがすぐによく成ります。どんな便秘薬よりも効果があるのです。便秘もあまりにひどく成ると体臭の原因に成ります。食物繊維を豊富に含んだにんじんは、加齢臭対策に非常に効果のある食品といえるでしょう。にんじんが不得手な方はりんごを一緒にまぜてジューサーやミキサーにかけるとよいとおもいます。にんじん特有の臭みはりんごをまぜることで消えてくれるので、かなり飲みやすく成るはずです。其れに蜂蜜を少し加えると、甘みが増しておいしく成ります。またりんごや蜂蜜にふくまれるビタミンC…

加齢臭によいサプリメント

加齢臭によいサプリメントについて見ていきます。皮膚の脂分の酸化を防止し、加齢臭の原因と成るノネナールの発生を防ぐには抗酸化作用の高い食品をとるようにする事がたいせつです。だけど、外食が多い場合などそう簡単に食生活を変える事はでき無いでしょう。そこで、より手軽に抗酸化作用の高いビタミンC、ビタミンEをとるためにサプリメントを利用する事がオススメします。抗酸化作用の有る物質は実はビタミンC、E以外にもたくさん有ります。代表的なものとしては、ポリフェノール、大豆イソフラボン、ベータカロチン、αリポ酸、カテキン、白金ナノコロイドなどが有ります。どれもサプリメントとしてコンビニや薬局で簡単に手に入れる事ができるものばかりです。組み合わせて飲む事で効果的な加齢臭予防対策に成ります。まず、ポリフェノールとは、植物が光合成される時に出来る物質です。今はカカオ豆にふくまれるカカオポリフェノールが人気ですが、これはほとんどの植物が持っていて、体内に入ると抗酸化物質として作用し活性酸素を除去してくれます。次にあげた大豆イソフラボンも最近注目されているサプリメントのひとつです。イソフラボンとは、大豆の胚芽部分にふくまれているポリフェノールの一種。ですから、大豆イソフラボンにも活性酸素に対して戦う抗酸化物質が豊富で老化を遅らせる効果が期待出来ます。次のベータカロチンはにんじんにふくまれるものとしておなじみでしょう。にんじん以外にもかぼちゃにほ豊富にふくまれるカロチノイド系色素のひとつです。これを摂取すると体内でビタミンAに変化する前駆体のプロビタミンAで、抗酸化作用があり、ガンや老化の 予防に有効で有ると言われています。ただし、にんじんやかぼちゃをあまりに採りすぎると、皮膚の色が黄色く変色してしまうので適量を摂取することを心がけてください。αリポ酸とはききなれ無い物質かもしれませんが、その抗酸化力はビタミンEの400倍と言う説も有るほど強い効果が期待出来るものです。コエンザイムQ10以上に今アメリカ・ヨーロッパの化粧品業界で最も注目を浴びている成分で、その酵母は多様なはたらきを人間に与え、疲れにくく若々しい身体を保つのに効果的といわれています。次のカテキンは緑茶にふくまれる成分として有名です。これもポリフェノールの一種で、お茶の渋み成分で有るタンニンと言う物質を構成している成分の一部です。強い…

加齢臭ケア

加齢臭ケアについて見ていきます。加齢臭ケアに効果的な方法のひとつに肌を弱酸性に保つと言うものが有ります。肌を弱酸性に保つ事で皮膚に雑菌が繁殖する事を防ぎ、汗とともに放出されるニオイのもとを抑制する事が出来ます。肌を弱酸性に保つ方法として、お酢風呂が有りますが、今回はもうひとつ役にたつものをご紹介します。其れは、ミョウバンです。お酢と同じくミョウバンも水に溶けると酸性に成ります。ニオイは皮膚表面の雑菌が汗の成分を分解する事で発生するので、皮膚が酸性であれば、雑菌の繁殖が抑制され、結果的に臭いが抑えられる事に成ります。ミョウバンは制菌作用だけでなく、より積極的な殺菌作用も有ると言うわけです。お酢にくらべてミョウバンはより安価で手にいれる事が出来ます。スーパーや薬局などで100円程度で買う事が出来ます。更に、ミョウバンにはお酢には無い効果が有ります。其れは制汗作用と消臭効果です。ニオイ成分のふくまれた汗をおさえれば、当然臭いもおさえる事が出来ます。また、加齢臭が気になら無い人にすさまじく、汗をおさえる効果の有るミョウバンでさっぱりと快適に夏をすごす事が出来るので、オススメです。更に、ミョウバンには皮膚上でつくられたニオイそのものを消臭する作用が有ります。ミョウバンには多様な金属がふくまれています。そのため、酸化還元反応による金属消臭が行なわれたり、ニオイ成分の中和による消臭も行なわれます。特に、酸性の性質が有るミョウバンは、アルカリ性のニオイ成分で有るアンモニアに対する消臭作用は特異的で、汗くささをおさえるのにはすさまじく有効です。ヨーロッパでは、ミョウバンが結晶となった天然塩を「アルム石」と呼んで古くからデオドラント剤として使用されているという事です。では、このミョウバンをどうやって使ったらいいのでしょう。一番簡単な方法は、ミョウバンの粉末を直接腋の下に塗布する事です。汗を抑えたい場合にいは、これだけでも効果は有ります。より高い効果を期待するなら、水に溶かした溶液をスプレーで腋等に吹き付ける方法がオススメです。市販のミョウバン(50g)を、1.5リットルのペットボトルに入れ、水道水を注いで蓋をしてよく振ればできあがり。これを、ガーゼに浸して、腋の皮膚を拭いたり、又は、スプレー器に入れ、直接皮膚にスプレーするのもよいでしょう。皮膚にスプレーされた水は蒸発してミョウバンが残…

加齢臭を予防するガム

加齢臭を予防するガムについて見ていきます。今回は、加齢臭対策に有効なお菓子をご紹介しましょう。その気に成るお菓子とはガムです。カネボウからでている「オトコ香る。」と言う名のガムを御存知でしょうか。このガム、黒地に赤いバラと、見た目もなんだかセンセーショナルな感じですが、噛んで2時間ぐらいすると、体から薔薇の香りを放つというシロモノ。加齢臭の気に成る中高年男性に人気で、食べる香水ともいえるものなのです。同社のプレスリリースには「パッケージもよりアダルトなイメージを追求し、黒をベースとしたデザインで、“ちょいワル男”を表現しております」と有ります。まさに加齢臭を気にする中高年男性むけの商品です。この「オトコ香る。」の女性版商品として「フワリンカ」と言う商品も発売されています。これは、キャンディとガムの2種類があり、やはり摂取後1時間〜2時間後には体からよい香りがするそう。これは、本当に効果が有るのでしょうか。実際、カネボウフーズでは科学的な実験によって、体からバラの香りが放たれる事を証明できたとしています。実験の具体的な方法は、手に専用のビニール袋をはめた状態で香気成分をふくむガムを食べ、一定時間待ち、袋の中に手から放出されたガスを集め、その放出ガスを溶剤で溶かし、濃縮し、GC/MSと呼ばれる機械で高感度分析する…と言うものです。この測定方法の結果、バラの香りの成分で有る「ゲラニオール」の場合、「ゲラニオール」を含むガムを摂取した被験者の手掌部からの「ゲラニオール」の放出量は、摂取後1〜2時間で最大発散量を迎えるらしいのです。 このバラの香り成分で有るゲラニオールは、香り成分の中でも特に体外へ放出される割合が高いそう。そこで、今回の「オトコ香る。」ガムにもバラの香りが選ばれたと言うわけです。実際の商品における香気成分のカラダからの放出能力としては、ガムで1時間後に約5ng(ナノグラム:10億分の1グラム)、ソフトキャンディで約8ngだという。におい成分が数ナノグラム出ると言う事がどれほどにおう事なのか、感覚的にすぐには理解しにくいのですが、少なくとも口から入れた香気成分がカラダから出ている事だけは確かなのです。こうした加齢臭などのニオイを消す食品と言うコンセプトは、今までに無い画期的なものでした。カネボウフーズの商品担当マネージャーによれば、このアイデアが形に成るまでに4年の歳月を費やし…

トップ > 加齢臭予防

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。