加齢臭原因のコンテンツ一覧

加齢臭予防|加齢臭の原因

「加齢臭」とはいったい何が原因で発生するのでしょうか。実は、加齢臭の原因はノネナールという物質だったのです。このノネナールという臭い物質が皮膚から分泌されるために異臭を放ち、加齢臭として独特の臭いを放つことになってしまうのです。ノネナールによる加齢臭い発生のメカニズムをもう少し詳しくみていきますね。加齢臭の原因となるノネナールは、汗腺のそばの皮脂腺から出る脂肪酸が、酸化もしくは発酵することによってできる不飽和アルデヒドのことです。人間の皮膚には外分泌腺というものがあります。外分泌腺とは、唾液腺のように皮膚の表面に分泌する出口がある導管です。唾液腺が口の中にあるように、皮膚には皮脂腺があります。この皮脂腺からは脂肪と脂肪酸が滲み出ているのです。脂肪が滲み出ているなんて表現すると、なんだか気持ち悪いような気もしますが、実はこの脂肪、皮膚の脂分ですので、、皮膚の乾燥を防ぐ重要な役割を担っているのです。しかし、この皮脂腺から出る油脂成分が加齢臭のもとになるノネナールを発生させてしまっているのです。この皮脂腺から分泌される脂肪酸は、中性脂肪がグリセリンと脂肪酸という物質に分解されてできているものなのです。これが酸化して、過酸化脂質となってしまうとノネナールが発生することになるのです。この加齢臭を発するノネナールは、揮発性アルデヒドの一種で臭いのもとになります。ちょっと難しいけど、要は皮脂腺から出る脂が酸化して、クサイ、あの独特の加齢臭を作ってしまうということです。アロマテラピーを自宅で習得するコツ!

加齢臭予防|加齢臭とは

加齢臭とは中高年になると出る、なんともいえない中高年特有の臭いのことです。誰でも一度は、満員電車の中で嗅いだ経験があるのではないでしょうか?一度どころじゃないですよね。。。あの、中高年男性に特有のなんともいえない臭い・・・。キツイですよねぇ〜!でも、加齢臭は男性だけじゃないんですよ。女性にだって加齢臭はあるんです。ただ、女性のほうが体を清潔に保つ傾向にあるため、目立ちにくいと考えられています。女性のみなさんも、気をつけましょうね!電車に乗ったり、人ごみの中だと「自分の加齢臭が周りに迷惑をかけているのではないか」と、心配されている中高年男性もいると思います。ただ、自分の体から出る臭いは気付きにくいんですよね。このこ自覚できないということが、けっこうやっかいなんですよね。人間は、臭いに対しては慣れやすいという特徴を持ってます。トイレで大きいほうをしたとき、なぜか自分のものはあまり臭く感じませんよね。でも、でもです。一回出てからもう一度入ると臭いでしょ。これがやっかいな理由なんです。いつも臭いと一緒にいる本人はわかりませんが、他の人は・・・。気にするれば気にするほど、心配になってきますよね。中高年であれば誰にでもでる加齢臭。何とかならないんでしょうか?その予防に効果的な方法は何かないのでしょうかね。このサイトでは、加齢臭の原因を考え、その予防と対策についての情報を提供していきたいと思います。音痴を矯正する「4日で治す自宅でできる音痴克服」教材のレビュー

加齢臭には女性も気を付けましょう!

女性の加齢臭について見ていきます。加齢臭は、年を取ると皮脂に脂肪酸がふくまれ,其れが酸化する事で、発してくる臭いの事をいいます。加齢臭の原因は脂肪酸が酸化する事で出来るノネナールと言う物質が、男性女性の区別なく、加齢臭を発生させます。女性は男性より女性ホルモンが多く、女性ホルモンには抗酸化作用が有るため、ノネナールの発生が少なく、加齢臭も弱いとされています。男性は、同じ服装を続けたり、喫煙や飲酒の習慣があり、外食などが多い事もあって、加齢臭がきつく成る場合が多く、俗に言う親父臭く成ります。女性でも、安心する事は出来ず、女性ホルモンで男性よりノネナールの発生が少無いと言っても、喫煙や飲酒、ストレスや不規則な生活を送っていれば、男性同様加齢臭が強くなっていきます。加齢臭は言わば老化現象ですから、治る事は有りませんが、加齢臭を軽減する事は可能です。加齢臭自体は、誰しも起こる事ですが、個人差があり、その個人差は大半が生活習慣に深く関わっています。普段から脂肪分の多い食事を取っていれば、中性脂肪やコレステロールの血中濃度は高まり、頭皮や汗腺から皮脂が多く分泌され、上皮が不潔と成ると一緒に、人体の免疫機能も低下してきます。加齢臭に限りませんが、成人病や生活習慣病といわれる疾病は、40歳以前後から発症してきますが、中年に差し掛かった頃に、人間の免疫機能の境目が有ると言えるでしょう。40歳過ぎから免疫機能が急激に衰え、様々な病気に罹り始めますが、加齢臭は言わば成人病や生活習慣病の予兆のようなもので、加齢臭が出始めたら、成人病や生活習慣病にも気をつける必要があります。加齢臭の問題は、主に回りの人に嫌な臭いで、迷惑をかける事ですから、成るだけ毎日入浴するのがいいのですが、出来るなら外出前などに入浴して、脂肪酸の酸化を遅らせたほうが、効果的です。加齢臭の予防の石鹸やボディシャンプーを使っても、脂肪酸を完全におさえる事は出来ませんから、時間がたてば、加齢臭が臭ってきます。其れには朝シャンならぬ朝湯が最良の入浴のタイミングと言えます。夜に入浴しても、寝ている間に汗をかき、脂肪酸が分泌されれば、其れだけ短い間しか、入浴の効果はつづきません。朝の入浴が面倒なら、シャワーだけでも、加齢臭の発生を遅らせる事が出来ます。外出先では、顔や首筋など、汗が出る部分を、ミューバンシートなどで拭けば、上皮を弱…

加齢臭は免疫能力や抗酸化機能の衰えや脱毛も

加齢臭と免疫能力や抗酸化機能の低下、及び脱毛の関係について見ていきます。加齢臭の原因は、皮脂にふくまれる酸化脂肪酸が酸化されて出来るノネナールで有ると、資生堂の研究所が発表したのは2000年の事です。加齢臭自体は、健康を害すると言うよりも、周りの人に不快感を与えると言う意味で、話題になっていますが、其れよりも酸化脂肪酸が、40歳代前には見られなのに、40歳から急に増える事の方が、健康上問題と言えます。加齢臭のもとに成る酸化脂肪酸が皮脂に増える事は、その人の免疫能力や抗酸化機能の衰えを意味します。頭髪などの皮脂に酸化脂肪酸が増えれば、頭皮の健康にも影響を及ぼし、毛根を弱らせる原因にも成ります。人間の身体は100兆もの細胞で出来ていますが、同時に10兆近い常在菌と言われる細菌が共生しています。老齢に伴う免疫機能や抗酸化機能が弱まる事で、常在菌との共生関係のバランスも壊れ、障害を起こします。特に皮脂の分泌の多い頭皮では、細菌がつきやすく、毛穴などで増殖しやすい環境に有ると言えます。毛髪にとって加齢臭の問題は、臭いだけではなく、脱毛の危険性も含んでいます。加齢臭が発生する事は酸化脂肪酸が増え事を意味し、頭皮を酸性化されている事をも意味します。酸性化された頭皮や毛穴などは、常在菌ばかりか雑菌にも犯されやすくなり、炎症や感染症などの疾病に成る危険性も増えるわけです。加齢臭の発生は、個人差が多く、加齢臭をまったく感じさせ無い人もいます。加齢臭が早く出る人の特性は、脂っこい料理が好きな肥満体の人に多く、タバコや飲酒の習慣が有る人はなお更です。また、ストレスの多い中間管理職の人にも加齢臭をさせている人が目立ちます。お気づきのように加齢臭と成人病や生活習慣病とは、かなりリンクした関係に有ると言って良いでしょう。加齢臭の原因がノネナールと分かっても、その根本原因は、長年の生活習慣、特に食習慣が起因している事は明らかです。ノネナールを、専用のシャンプーや石鹸で落としても一時凌ぎでしかなく、ノネナールの発生を、根本的に改善するためには、生活習慣を改善する以外無いと言えます。また生活習慣の改善は、加齢臭の予防や抑止に効果が有るだけではなく、当然成人病などにも効果が有ります。その点で言えば、加齢臭がしてきたら、成人病のシグナルと考えるべきです。加齢臭は、単成る老化現象と言うには、その原因に潜む…

加齢臭から生活習慣病へ

加齢臭と生活習慣病について見ていきます。加齢臭は、ノネナールと言う物質が原因です。40歳前後に成ると、上皮から分泌される皮脂に脂肪酸がふくまれ始め,其れが酸化することでノネナールがつくり出されます。加齢臭は男女では、ホルモンの関係で、男性に出やすいですが、男女の生活習慣によっても差が出てきます。脂汗と言われるように、人間緊張したリ、ストレスが溜まってくると、コレステロールや中性脂肪が溜まり、毛細血管を通じて其れらが排出されるために、皮脂に脂肪酸が増える場合もかんがえられます。男性の場合は、仕事上のストレスや人間関係のストレスをもちやすい環境にあると言えますし、外食も女性より多く成るため、脂肪分の多い食生活となりやすく、加齢臭になりやすい環境に身を置いていると言えます。外食の多い男性にとって、脂肪分を控えたり、野菜を多く取る事は至難の技で、外食で出されるメニューのほとんどは、揚げ物や肉類を中心としたもので、焼き魚や野菜の煮付け、ヒジキや海藻類などのメニューは少無いと言ってよいでしょう。昔の定食屋のようなファミリーレストランも無くは有りませんが、やはり肉中心の外食レストランがほとんどです。食事の内容もさる事ながら、夕食などを取る時間は、会社員であれば、不規則になりがちで、会社帰りの飲酒などで、酒の肴やつまみも、脂肪分の多いものが多く、不健康な食事にならざるを得ません。帰宅後入浴しても、睡眠中に汗をかけば、脂肪酸の含まれた皮脂が排出されて、ノネナールが生成されて、加齢臭が発生してしまいます。このような悪循環に、喫煙などの習慣が加われば、完全におやじ臭に成ります。日本人は臭いに敏感なくせに、他人の臭いを注意する事がなく、影で悪口を言っている場合が多く、気付か無いのは本人ばかりと、おじさんたちは馬鹿にされています。加齢臭の人に多いパターンは、早食いで、トンカツや焼肉などの油っぽい食事が好きで、出された食事はのこさ無いのが礼儀とかんがえているパターンです。早食いだと満腹感が遅くなり、つい食べ過ぎてしまい、脂肪の多い食事ばかりだと、当然中性脂肪やコレステロールが溜まって肥満になり、のこさ無いので適量が分からず、胃袋は大きくなりナカナカ満腹にならず、また食べ過ぎてしまいます。このような食生活を何十年もつづけていれば、健康な人でも病気に成ります。中年を迎える方であれば、加齢臭と侮る…

加齢臭予防|なぜ中高年の男性だけ目立つの?

加齢臭は、なぜ中高年の男性だけ目立つのでしょうか?皮脂腺から分泌される脂肪酸は、中性脂肪がグリセリンと脂肪酸に分解されてできるものですが、これが酸化すると過酸化脂質となって、揮発性アルデヒドの一種でニオイのもとであるノネナールが発生することにより起こります。誰でも、どんな年代でも皮脂腺から脂が分泌されているのに、何で中高年の男性だけがあんなに臭う方が多いんでしょうか?実は、これにも訳があります。この中高年に加齢臭の目立つ原因として考えられるのは、中高年にさしかかるにつれて皮脂腺からでる脂肪酸が増えることにあるのです。こうして加齢臭のもとになる脂肪酸が増えることにによって、加齢臭が強くなります。さらに加えて、その酸化を防止する力が若い人に比べて、はるかに中高年になってくると弱くなってきてしまいます。そしてその結果、脂肪酸の分泌量が増えてしまった脂肪酸は、どんどん酸化していくことになり揮発性アルデヒドの一種でニオイのもとであるノネナールが多量に分泌されてしまうのです。このようにして中高年の方は、加齢臭の原因となるノネナールが多量に分泌されて加齢臭が強くなるのです。この加齢臭のもとのノネナールの発生を抑制するにはどうしたらいいか?それはまず、分泌された脂肪酸を取り除くことと、取り除けなかった脂肪酸の酸化を防止することが必要であるということが分かります。女性の加齢臭が目立ちにくいのは男性よりも体を清潔に保つ傾向にあるからだと考えられています。しかし、女性にも加齢臭はあります。女性だからと油断をしないで、普段から十分気を付けたいものですね。

トップ > 加齢臭原因

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。