加齢臭予防|加齢臭の原因

「加齢臭」とはいったい何が原因で発生するのでしょうか。

実は、加齢臭の原因はノネナールという物質だったのです。
このノネナールという臭い物質が皮膚から分泌されるために異臭を放ち、加齢臭として独特の臭いを放つことになってしまうのです。

ノネナールによる加齢臭い発生のメカニズムをもう少し詳しくみていきますね。

加齢臭の原因となるノネナールは、汗腺のそばの皮脂腺から出る脂肪酸が、酸化もしくは発酵することによってできる不飽和アルデヒドのことです。

人間の皮膚には外分泌腺というものがあります。
外分泌腺とは、唾液腺のように皮膚の表面に分泌する出口がある導管です。

唾液腺が口の中にあるように、皮膚には皮脂腺があります。
この皮脂腺からは脂肪と脂肪酸が滲み出ているのです。

脂肪が滲み出ているなんて表現すると、なんだか気持ち悪いような気もしますが、実はこの脂肪、皮膚の脂分ですので、、皮膚の乾燥を防ぐ重要な役割を担っているのです。

しかし、この皮脂腺から出る油脂成分が加齢臭のもとになるノネナールを発生させてしまっているのです。

この皮脂腺から分泌される脂肪酸は、中性脂肪がグリセリンと脂肪酸という物質に分解されてできているものなのです。
これが酸化して、過酸化脂質となってしまうとノネナールが発生することになるのです。
この加齢臭を発するノネナールは、揮発性アルデヒドの一種で臭いのもとになります。

ちょっと難しいけど、要は皮脂腺から出る脂が酸化して、クサイ、あの独特の加齢臭を作ってしまうということです。


アロマテラピーを自宅で習得するコツ!

トップ > 加齢臭原因 > 加齢臭予防|加齢臭の原因

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。