活性酸素を抑制する栄養素で加齢臭予防

加齢臭予防になる活性酸素を抑制する栄養素について見ていきます。
加齢臭とは、加齢に伴って異臭を発するもので、病気では有りません。
2000年に資生堂の研究所が、皮脂にふくまれる脂肪酸が酸化されて出来るノネナールと言う物質を、加齢臭の原因と究明しました。
加齢臭がするからと言って、健康を害するものではなく、昔から老人臭と言われていた様に、老化現象の一種ですから、誰にでも起こる事です。
ただ周りの人が、匂いに敏感であれば、何かと疎んぜられる原因に成りますから、加齢臭が無いに越した事は有りません。

他人に対するエチケットとして加齢臭の対策をかんがえるのであれば、人前にでる場合は、成るだけ直前に、入浴やシャワーで、ノネナールを洗い流す事を心掛けるべきです。
入浴の習慣は、帰宅して夜にする場合が多いですが、睡眠中にも人はかなりの量の汗をかきますから、睡眠中にノネナールを作っているようなものです。
加齢臭がきつい人は、朝外出する前に入浴して、加齢臭の出るのを遅らせるようにする事をお勧めします。
入浴が無理ならせめて、シャワーぐらいは浴びておいた方が、無難と言えるでしょう。

外出時にはミョウバンシートやスプレーを用意しておいて、汗をかいたら其れらを使うようにすれば、皮膚を殺菌すると一緒に、弱酸性に保つ事ができ、ノネナールの生成を防止する事が出来ます。
加齢臭を完全に止める事は出来ませんが、食生活を改善する事で、かなりの効果が期待できます。

皮脂に脂肪酸がふくまれるのは、40才頃からで、其れまでは全く脂肪酸がふくまれ無いと言われています。
本来皮脂として酸化され無い状態で分泌されるものに、脂肪酸がふくまれていく原因は、活性酸素だとされています。
食事に活性酸素を抑制する栄養素を取り入れれば、加齢臭も体のうちから改善する事が出来ます。
活性酸素は体内では、殺菌作用を行うもので、使われ無い活性酸素は、本来体内で中和され、害を及ぼすものではにのですが、其れを中和するSDO酵素と言われるものが、加齢と一緒に減り、活性酸素が体内に残って、細胞や体内物質を酸化させます。

したがってSDO酵素に替わる抗酸化作用の有る食物をとるのが、加齢臭対策には有効とされています。
抗酸化作用の有る食物はビタミンC・E、ベータカロチン、ルテイン、最近話題のアスタキサンチンなどが多く含まれた食品です。
ビタミンC・Eは野菜や果物に、ルテイン、ベータカロチンやアスタキサンチンなどはニンジンなどの緑葉野菜に多くふくまれれています。
このような野菜や果物を、新鮮なうち摂取するのが理想的ですが、無理な場合は、サプリメントなどの補助食品で補っても良いでしょう。



トップ > 加齢臭予防 > 活性酸素を抑制する栄養素で加齢臭予防

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。