資生堂の加齢臭予防のボディケア製品

資生堂の加齢臭予防のボディケア製品について見ていきます。
加齢臭については、資生堂の研究所がその原因を解明した事から、加齢臭予防のための石鹸やボディシャンプーが各社から販売されています。

加齢臭はそもそも皮脂に含まれる脂肪酸が酸化される事によって、ノネナールと言われる物質が原因ですが、脂肪酸自体若いうちは皮脂に含まれ無いもので、40歳を境にして、多く成る傾向に有ります。
脂肪酸が出来る背景には、人体の老化に伴う抗酸化機能の低下が上げられますが、病気と言うより、老化現象と言えますが、個人差があります。

その個人差を生む原因は、生活習慣に有るとされ、生活習慣病や成人病と共とおした原因とかんがえられます。
資生堂は加齢臭の原因を解明し、加齢臭と名付けた本家本元ですから、加齢臭予防のボディケア製品は、他社よりも充実しています。
資生堂ビューテックグループのビューティーテクノロジー社が販売しているジョイフルガーデンシリーズは、加齢臭に特化したブランドで、ヘアシャンプー・ヘアリンス・ボディソープが基本の製品ですが、他にも石けんやリフレッシングシートや布用の消臭スプレーなども販売しています。

其れらの効能は、ノネナールの生成を抑制する抗酸化剤や抗菌薬剤がセンターに配合されており、他のシャンプーや石鹸よりよりも効果は持続しますが、皮脂などの表面的な対策ですから、根治療法とは言えません。
加齢臭予防でよく宣伝されている、柿エキスを含んだ石鹸は、柿のタンニンの殺菌作用を利用したもので、植物由来の成分を多く含んだ製品と言えます。
ミューバンの弱酸性作用を利用した石鹸やスプレーも販売されていますが、脂肪酸の酸化を防ごうとするもので、汗をかく前などに使うと効果が有りますが、薬局でミューバンを買ってきて水で薄めれば、即席の加齢臭の予防水が出来てしまいます。

加齢臭の予防には、ボディーシャンプーや、皮脂の多い頭部のヘアーシャンプーは不可欠ですが、長く加齢臭をおさえるならば、上皮を弱酸性にするリンスや、ミューバンなどの成分のスプレーが有効です。
これらは、ノネナールが出気安くなった人のための応急処置ですが、原因から解決するためには、生活習慣を正さ無い限りは、改善は見込めません。
だけど、生活改善をしても、老化としての加齢臭の症状が改善するだけであって、年をとると一緒に加齢臭が強く成るのは不可避な事です。
加齢臭だからと、命に関わる事は有りませんが、周りの人に対するエチケットとして、加齢臭が臭わ無いように気をつけるべきでしょう。



トップ > 加齢臭予防 > 資生堂の加齢臭予防のボディケア製品

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。