加齢臭には女性も気を付けましょう!

女性の加齢臭について見ていきます。
加齢臭は、年を取ると皮脂に脂肪酸がふくまれ,其れが酸化する事で、発してくる臭いの事をいいます。
加齢臭の原因は脂肪酸が酸化する事で出来るノネナールと言う物質が、男性女性の区別なく、加齢臭を発生させます。
女性は男性より女性ホルモンが多く、女性ホルモンには抗酸化作用が有るため、ノネナールの発生が少なく、加齢臭も弱いとされています。
男性は、同じ服装を続けたり、喫煙や飲酒の習慣があり、外食などが多い事もあって、加齢臭がきつく成る場合が多く、俗に言う親父臭く成ります。

女性でも、安心する事は出来ず、女性ホルモンで男性よりノネナールの発生が少無いと言っても、喫煙や飲酒、ストレスや不規則な生活を送っていれば、男性同様加齢臭が強くなっていきます。
加齢臭は言わば老化現象ですから、治る事は有りませんが、加齢臭を軽減する事は可能です。
加齢臭自体は、誰しも起こる事ですが、個人差があり、その個人差は大半が生活習慣に深く関わっています。
普段から脂肪分の多い食事を取っていれば、中性脂肪やコレステロールの血中濃度は高まり、頭皮や汗腺から皮脂が多く分泌され、上皮が不潔と成ると一緒に、人体の免疫機能も低下してきます。

加齢臭に限りませんが、成人病や生活習慣病といわれる疾病は、40歳以前後から発症してきますが、中年に差し掛かった頃に、人間の免疫機能の境目が有ると言えるでしょう。
40歳過ぎから免疫機能が急激に衰え、様々な病気に罹り始めますが、加齢臭は言わば成人病や生活習慣病の予兆のようなもので、加齢臭が出始めたら、成人病や生活習慣病にも気をつける必要があります。
加齢臭の問題は、主に回りの人に嫌な臭いで、迷惑をかける事ですから、成るだけ毎日入浴するのがいいのですが、出来るなら外出前などに入浴して、脂肪酸の酸化を遅らせたほうが、効果的です。

加齢臭の予防の石鹸やボディシャンプーを使っても、脂肪酸を完全におさえる事は出来ませんから、時間がたてば、加齢臭が臭ってきます。
其れには朝シャンならぬ朝湯が最良の入浴のタイミングと言えます。
夜に入浴しても、寝ている間に汗をかき、脂肪酸が分泌されれば、其れだけ短い間しか、入浴の効果はつづきません。
朝の入浴が面倒なら、シャワーだけでも、加齢臭の発生を遅らせる事が出来ます。

外出先では、顔や首筋など、汗が出る部分を、ミューバンシートなどで拭けば、上皮を弱酸性に保つ事で、脂肪酸の参加を防ぎ、ノネナールの生成を抑制し、加齢臭を弱める事が出来ます。



トップ > 加齢臭原因 > 加齢臭には女性も気を付けましょう!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。