加齢臭を防止する第一歩は食事から

加齢臭を防止する食事について見ていきます。
加齢臭は、人間が年を取ると一緒に、発してくる臭いの事をいいます。
加齢臭の原因は加齢ですが、加齢によってノネナールと言う物質が、男性女性の区別なく、発生する事が資生堂によって解明されました。

ノネナールは皮脂の中の脂肪酸が酸化分解されるために発生する物質で、女性よりも男性により多く発生するとされています。
男性の方がノネナールを多く発生するのには、男性の服装や、喫煙や飲酒と一緒に、食事生活が問題とされています。

女性自体は、女性ホルモンのおかげで、男性よりノネナールの発生が少無いとされていますが、不規則な生活習慣や脂っこい食事をとっていれば、男性同様、加齢臭が強くなっていきます。
男性は同じ服装をつづける事が多く、喫煙などによりタバコ臭も加わり一層加齢臭を強くする傾向に有りますが、食生活も脂肪分を多く取る食事をつづけていれば、皮脂が多くなりノネナールがつくられやすくなります。
不思議な事に若年層の皮脂には、脂肪酸がほとんど見られず40歳以降に急に増え始める傾向に有ります。
したがって加齢に伴い活性酸素が、人体に影響して、免疫力や抗体機能を低下させ、本来皮脂にふくまれ無い脂肪酸が発生するとかんがえられています。

加齢臭対策には、まず入浴をし、発生する脂肪酸を出来るだけ洗浄する事が第一です。
服などにも加齢臭は移りますから、毎日ちがう服を着て、着た服は成るだけ脱臭剤などで、加齢臭を除去します。
加齢臭の原因で有る皮脂の脂肪酸の出来るメカニズムは、はっきりとは解明されていませんが、少なくとも脂肪分の多い食事を控える事が、加齢臭を防止する第一歩とかんがえてください。
料理に使う食材にも気をつけて、農薬や化学肥料が使われている農産物は、環境ホルモンなどの影響が懸念されますから極力避けて、無農薬有機農法の農産物を使うのが望ましいとされています。
喫煙や飲酒、不規則な生活、何よりストレスが免疫力を減退させると言われ、このような生活習慣を改める事から、加齢臭は根本的に改善されます。

加齢臭専用のボディーシャンプーや石鹸が販売されていますが、あくまで対蹠的な効果しかなく、生活習慣病や成人病と同じく、生活習慣の改善以外では、加齢臭の解消を期待する事は出来ませんが、抗酸化作用の有るポリフェノールや、ビタミンC、ビタミンEなどのサプリメントを服用しする事は、効率的な栄養補給として、お勧めします。
加齢臭は、有る意味老化現象ですから、完全に直す事は出来ませんが、日頃の入浴や食事によって、かなり改善する事は可能でます。



トップ > 加齢臭予防 > 加齢臭を防止する第一歩は食事から

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。