サプリメントで加齢臭予防

サプリメントで加齢臭予防について見ていきます。
加齢臭は、年齢を重ねるごとに皮脂にふくまれる脂肪酸が増える事で起きる老化現象と言えます。
20歳代では皮脂にほとんどふくまれなかった脂肪酸が、40歳を過ぎたあたりから急激に増えはじめ、脂肪酸が酸化する事で出来るノネナールと言う物質が、加齢臭のにおいの元です。
ノネナールは2000年に資生堂の研究所が発見したものですが、その資生堂でさえ、加齢臭を予防する石鹸やボディシャンプーは販売していても、完全に抑制する事は出来無いでいます。

人体の抗酸化機能が低下する事が、加齢臭の根本で有るため、年齢が上がっていけば不可避な老化現象として、仕方が無い事だからでしょう。
一方でアンチエイジングの対策として、抗酸化作用が有る栄養素の研究も盛んになっています。
むしろ加齢臭のみの予防や、対策をかんがえるよりは、抗酸化作用の有る栄養素を摂取するアンチエイジング対策をかんがえた方が、より効果的と言えるかもしれません。
抗酸化作用の高い食品を食事に取り入れればよいのですが、実際生抗酸化作用の効果が有るとされる、ビタミンCやEを、野菜や果物だけで必要量を摂取する事は難しいと言えます。

日本のような先進国では、肉類中心の食生活になっており、効率的にそのような栄養素を摂取するためには、サプリメントに頼らざるを得ません。
加齢臭に利くと言われるサプリメントの成分を見ると、ほとんどがアスタキサンチンやベータカロチンなどのアンチエイジングのサプリメントと共とおした、抗酸化作用の高い成分が中央に構成されています。
そもそも活性酸素が、体内の細胞を破壊する事が原因で、体内の酸化作用が発生するのですが、活性酸素は免疫機能を本来担うもので、余分な活性酸素は体内でSDO酵素と言われるもので中和され、無害かされるものが、年齢と伴にSDO酵素が減り中和されずに、細胞や遺伝子を傷つけて、疾病を起こさせる、一種の免疫異常といえる状態です。

一般的にはビタミンE、ビタミンC、ベータカロチン、ルテインなどが抗酸化作用が有るとされますが、アスタキサンチンは其れらの上を行く抗酸化作用を有している事で注目されています。
最近では大豆や米胚芽に多くふくまれておるGMTと言われる物質で、SDO酵素と同じような分子構造をもった物質が注目されています。
GMTは直接活性酸素を中和させる効果が有ります。
これらをの栄養素を食物から摂取するには、大量に食する必要があり、現実問題として不可能ですが、サプリメントであれば、何時でも何処でも摂取できて、便利と言えましょう。



トップ > 加齢臭予防 > サプリメントで加齢臭予防

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。