加齢臭の抑制

加齢臭の抑制について見ていきます。
加齢臭の原因は、ノネナールと言う物質です。
このノネナールは、男女一緒に性差なく40歳代以降に増加が認められる物質です。
ノネナールの抑制には、ノネナールの基質と成る脂肪酸で有る9-ヘキサデセン酸の分解をおさえる抗酸化剤と抗菌剤が有効です。
加齢臭を抑制する方法として今回は皮膚の抗菌に注目してみましょう。

汗をかいたら其れを放っておかずに、こまめに殺菌成分配合のウェットティッシュなどで拭き取り、肌を清潔に保つ事がたいせつです。
とはいえ、汗をかくたびにふきとっていたのでは、正直手間がかかって仕方有りません。
そこで、肌自体を常に弱酸性の状態に保つようにし、雑菌が繁殖しにくい皮膚に改善していく事が加齢臭抑制の大きなポイントです。

では、肌を弱酸性に保つにはどうしたらよいのでしょう。
有効なのは、実はクエン酸です。
クエン酸と言うのは、梅干などにふくまれる物質で、梅干のすっぱさのもとに成るものです。
このクエン酸をお風呂に少しいれてゆっくりと湯船につかってみましょう。
クエン酸をいれたお湯は酸性なので、これにつかる事で肌を酸性の状態にする事が出来ます。
クエン酸は薬局などで手に入りますが、もし手もとに無いのであればお酢でもかまいません。
お酢に多くふくまれる「酢酸」は非常に酸度が強いためにお猪口2〜3杯の少しのお酢でも
効果的です。

だけど、体臭予防法としての「お酢風呂」は、皮膚を弱酸性に保つだけでは無いのです。
実は、お酢の風呂につかる事で、入浴時に皮膚の汗腺からクエン酸などの多様なアミノ酸を吸収させる目的も有るのです。
長期的にみれば、むしろこの効果の方が体臭予防としてはたいせつかもしれません。
何故なら、加齢臭は皮膚表面で細菌によってつくられるだけでなく、汗腺から汗の中に排出されるニオイでも有るからです。
加齢臭などの体臭は体の中に出来る乳酸と言う物質につられて汗の中にでてきます。
この乳酸は、皮膚の抹消循環が悪くなり汗腺に十分な酸素が吸収され無いとたくさんでてきてしまうシロモノなのです。

でも、たとえ酸素が汗腺に供給されなくてもクエン酸があれば大丈夫。
クエン酸は、体内でクエン酸サイクルと言う完全燃焼ができる方法でエネルギーを得る事ができるので、乳酸が体内にたまら無いのです。
勿論食事として口からクエン酸を摂取する事は必要ですが、消化管からの栄養分の吸収は多大なエナルギーを必要とします。
だけど、体の中で最大の臓器で有る皮膚からの吸収は、自然で体にやさしい摂取法とも言えるのです。
お酢にふくまれるクエン酸を補給するより、直接「クエン酸」そのものをお風呂に入れて入浴する事も体臭予防としては効果的なのです。



トップ > 加齢臭予防 > 加齢臭の抑制

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。