ビタミンCとEで加齢臭対策

ビタミンCとEで加齢臭対策について見ていきます。
加齢臭の原因は肌に残った余分な脂分が酸化する事で発生するノネナールです。
そこで、今回は脂分の酸化を防ぐためにどうしたらよいかをかんがえてみましょう。
それには生活習慣を変える事が一番です。

特に、抗酸化作用の高い食べ物を多くとるように心がけると油分の酸化を防ぐ効果が高まります。
抗酸化作用の高い栄養素にはビタミンCとビタミンEが有ります。
これらのビタミンを多くふくむ食品を積極的にとるようにすれば有効な加齢臭対策に成るでしょう。

まず、ビタミンCを多くふくむ食品をご紹介しましょう。
ビタミンCの効用としては美肌効果が有名です。これは、ビタミンCのもつ活性酸素を消去して、酸化されたビタミンEを再生させるはたらきが有る事に由来するものです。
抗酸化作用の有る食品の代表的なものが緑黄色野菜や果物などです。
どれも健康維持に欠かせ無い食品です。
緑黄色野菜の中でもパセリ、ブロッコリー、ピーマン 小松菜、ほうれん草、モロヘイヤなどはビタミンCが豊富にふくまれています。

これらの緑黄色野菜を塩ゆでにして食べればヘルシーでダイエットにもなり一石二鳥といえます。
ビタミンCを多くふくむ果物としては、レモン、いちご、キウイフルーツ、柿、ネーブルオレンジ、グレープフルーツ、夏みかんなどがあげられます。
これらの果物は、ヨーグルトなどと一緒にとると腸がきれいに成るためより美肌効果が高まるとかんがえられます。
その他にも、芋類や豆類にも数多くのビタミンCがふくまれています。
飲み物でいえば緑茶にもビタミンCがふくまれますので、積極的に取り入れるようにしたいところです。
これらの食品にふくまれるビタミンCに加え、ビタミンEをとる事でより体内の抗酸化力は高まります。

強い抗酸化力をもつビタミンEは、細胞膜を形成するリン脂質の酸化を防止しています。従ってビタミンEが欠乏すると、臓器中の過酸化脂質の量が増加し、細胞膜が損傷を受けてしまいます。逆にビタミンEを豊富にとると細胞膜の酸化は抑制され、いつまでもハリの有る若々しい状態にする事が出来ます。
ビタミンEを多くふくむ緑黄色野菜にはモロヘイヤ、カボチャ、ほうれん草、さつまいもなどが有ります。
更に、果物ではアボガド、キウイフルーツ、ブルーベリー、プルーンなどがビタミンEの豊富なものとして有名です。
また、ウナギ(蒲焼き)、イ カ、ブ リ、キンキ、サ ケなどの魚類にも含まれる事が特質です。
その他ピーナツ、アーモンドなどのナッツ類にもビタミンEは豊富にふくまれています。



トップ > 加齢臭予防 > ビタミンCとEで加齢臭対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。