加齢臭の飲み薬

加齢臭の飲み薬について見ていきます。
加齢臭対策。次は薬についてご紹介しましょう。
これはと有る友人の体験談ですが、加齢臭の抑制に有る薬が効くらしいのです。
其れは、熊笹のエキス。笹ヘルスともいいます。
加齢臭は気に成るけど薬を飲むと成ると少し抵抗の有る方もいらっしゃるかもしれません。

でも、この笹ヘルスは漢方薬で、赤ちゃんにも飲ませられる安全なものです。
漢方薬と言うと苦いと言うイメージがつきものですが、この笹ヘルスは牛乳とまぜると
メロン牛乳のような味になり、すさまじく飲みやすいのです。
赤ちゃんもよろこんで飲んでくれるものです。
また、この熊笹のエキスは口内炎や疲労回復などにも効果が有るすぐれもの。
風邪などで体調が悪いときでも、これを飲めばかなり体が楽になります。
更に、肌荒れがよくなったり、便秘が治ったりと副次的な効果も期待出来ます。

ただ、なにぶん漢方薬のためその効果は穏やかなものです。
少なくとも1ヶ月は継続して飲ま無いと効果は実感でき無いかもしれません。
「そんなに待て無い!」「今すぐにこのニオイをどうにかしたい!」と切羽詰っている方にはにんじんジュースがオススメです。

拍子抜けですか?でも、にんじんジュースの効果をなめてはいけません。
実はにんじんには加齢臭対策に成るものすごい効果が隠されているのです。
にんじんにはビタミンEが豊富にふくまれています。このビタミンEは、抗酸化作用が高く体内の細胞が活性酸素によって破壊される事をふせぎ、細胞の再生に役たつのです。
加齢臭の原因は皮膚の余分な脂が酸化する事によるのですから、抗酸化作用の高いにんじんは加齢臭を予防するまたと無い薬なのです。

更に、にんじんには水溶性の食物繊維がたっぷりとふくまれています。
ためしににんじん1本をジュースにして飲んでみてください。
これを4日もつづければ、お通じがすぐによく成ります。
どんな便秘薬よりも効果があるのです。便秘もあまりにひどく成ると体臭の原因に成ります。食物繊維を豊富に含んだにんじんは、加齢臭対策に非常に効果のある食品といえるでしょう。

にんじんが不得手な方はりんごを一緒にまぜてジューサーやミキサーにかけるとよいとおもいます。にんじん特有の臭みはりんごをまぜることで消えてくれるので、かなり飲みやすく成るはずです。
其れに蜂蜜を少し加えると、甘みが増しておいしく成ります。
またりんごや蜂蜜にふくまれるビタミンCもビタミンEと一緒に抗酸化作用の高い栄養素ですから体臭対策に繋がります。



トップ > 加齢臭予防 > 加齢臭の飲み薬

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。