加齢臭ケア

加齢臭ケアについて見ていきます。
加齢臭ケアに効果的な方法のひとつに肌を弱酸性に保つと言うものが有ります。
肌を弱酸性に保つ事で皮膚に雑菌が繁殖する事を防ぎ、汗とともに放出されるニオイのもとを抑制する事が出来ます。
肌を弱酸性に保つ方法として、お酢風呂が有りますが、今回はもうひとつ役にたつものをご紹介します。

其れは、ミョウバンです。
お酢と同じくミョウバンも水に溶けると酸性に成ります。
ニオイは皮膚表面の雑菌が汗の成分を分解する事で発生するので、皮膚が酸性であれば、雑菌の繁殖が抑制され、結果的に臭いが抑えられる事に成ります。
ミョウバンは制菌作用だけでなく、より積極的な殺菌作用も有ると言うわけです。
お酢にくらべてミョウバンはより安価で手にいれる事が出来ます。
スーパーや薬局などで100円程度で買う事が出来ます。

更に、ミョウバンにはお酢には無い効果が有ります。
其れは制汗作用と消臭効果です。
ニオイ成分のふくまれた汗をおさえれば、当然臭いもおさえる事が出来ます。
また、加齢臭が気になら無い人にすさまじく、汗をおさえる効果の有るミョウバンでさっぱりと快適に夏をすごす事が出来るので、オススメです。

更に、ミョウバンには皮膚上でつくられたニオイそのものを消臭する作用が有ります。
ミョウバンには多様な金属がふくまれています。そのため、酸化還元反応による金属消臭が行なわれたり、ニオイ成分の中和による消臭も行なわれます。
特に、酸性の性質が有るミョウバンは、アルカリ性のニオイ成分で有るアンモニアに対する消臭作用は特異的で、汗くささをおさえるのにはすさまじく有効です。
ヨーロッパでは、ミョウバンが結晶となった天然塩を「アルム石」と呼んで古くからデオドラント剤として使用されているという事です。

では、このミョウバンをどうやって使ったらいいのでしょう。
一番簡単な方法は、ミョウバンの粉末を直接腋の下に塗布する事です。
汗を抑えたい場合にいは、これだけでも効果は有ります。
より高い効果を期待するなら、水に溶かした溶液をスプレーで腋等に吹き付ける方法がオススメです。
市販のミョウバン(50g)を、1.5リットルのペットボトルに入れ、水道水を注いで蓋をしてよく振ればできあがり。

これを、ガーゼに浸して、腋の皮膚を拭いたり、又は、スプレー器に入れ、直接皮膚にスプレーするのもよいでしょう。
皮膚にスプレーされた水は蒸発してミョウバンが残り、皮膚も弱酸性に保たれます。
より消臭作用を強くしたい場合には、水道水ではなく緑茶で溶かしましょう。
緑茶にふくまれるのカテキンは強い植物消臭作用が有りますので相乗効果が期待出来ます。
この液は、1〜2週間に1回程度新しいものを造るのがよいでしょう。



トップ > 加齢臭予防 > 加齢臭ケア

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。